片親疎外の定義

「ほんの数カ月前まではどちらの親のことも大好きだった子どもが、両親の離別をきっかけに、別居親に対してだけ強い拒絶反応を示すことを『片親疎外』(Parental Alienation)といいます」



「子どもが片方の親(多くの場合は別居親)と強固に同盟を組み、正当な理由なく、もう片方の親(別居親)との交流を拒絶する事態」(Bernet, 2010)


その中核的要素として以下のものがある。

1.別居親にたいする一連の誹謗中傷や拒絶-エピソードが単発的ではなく持続的
2.不合理な理由による拒絶-別居親の言動に対する正当な反応と言えない疎外
3.同居親の言動に影響された結果としての拒絶


  • 最終更新:2013-06-03 09:13:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード